43歳女性 三人目出産後、介護職復帰

43歳、女性、既婚、子供三人です。

 

 

 

二人目の子供が、幼稚園の時に、母が介護職だったことをきっかけに、ガイドヘルパー、旧ヘルパー2級を取得しました。

 

当時も飲食店でパートはしていましたが、子供が巣立った後の自分を考えていくと、何か専門職で仕事していきたいと思うようになっていたので、資格の取得に踏み切りました。

 

 

高齢者の方と、障害を持っている方、両方の介護を、合計で二年ほど経験しています。

 

 

 

最初は、子育てしながら責任もってやれるかな?と不安でした。

 

 

実際に仕事についてみると、やらなくてはいけないことも大切ですが、寄り添うことが一番大切だとわかりました。

 

子育てしながらだったからこそ、分かったことも多くあり、自分を大きくしてもらえたと思ってます。

 

目の不自由な方の、宅内に入り、家事援助や、外出のお手伝いをしたりと、利用者さんとお話をしながら和気あいあいとする仕事があったり、介護といっても色々なパターンがありました。

 

個人の利用者さんの夜勤などもあり、仲良くなると、仕事というより身内のような関係になったこともありました。

 

また、利用者さんのご家族の方とも仲良くなったりと、つながりがどんどんできていくような仕事でもありました。

 

 

 

毎回、この支援でよかったのかな?などと、考えさせられる場面に遭遇すると、もっと早くから経験と知識を持っていたらよかった、と思うこともありました。

 

そんな時は、先輩に聞いて、その中で自分の仕事のやり方を見つけていきました。

 

 

なんでも、やってみて初めて分かる事なので、やってみてよかったと思っています。

 

 

ずっと、運転免許以外に何にも資格を持ってなかった私でしたので、専門的な知識を学んで仕事するということはとても、いい経験になりました。

 

その時初めて、親が私が小さいときに、「資格は取れる時に取っておきなさい」と言っていた意味を理解できました。

 

 

 

介護職は「絶対無理」って、友人もいますが、私はやってよかったし、資格も取ってよかったと思っています。

 

好条件の介護事業者で仕事をする方法!!

介護職の求人は大きく分けて3種類あります。
一つ目はハローワークでの求人
二つ目は一般的な求人サイトでの求人
三つ目は介護職専門サイトでの非公開求人
です。

このなかで条件がいいのは、介護職専門サイトでの非公開求人です。

なぜなら基本的にハローワークの求人は無料。一般的な求人サイトの掲載料も安めなのが多いですが、三つ目の介護職専門サイトは、採用された際の成果報酬がけっこうするので、経済的に苦しい介護事業者は求人が出せません。

つまり経営状態のいい事業者しか、いないので条件がよくなるということ。

経営状態のいい事業者だからといって、かならずしも高給ということも条件がいいということもないですが、経営状態の悪い事業者は、高給を支払えたり、条件をよくするのは難しいですから、経営状態のいい事業者を選ぶことはとても大切なことです。

経営状態の悪い事業者は、つぶれたり、給料の支払いが滞ったりすることも多いですしね。

さて介護職専門サイトはいくつかあり、複数サイトに登録して比較されるほうがいいですが、あえて一つだけいうなら『』は評判もよく登録されておくほうがいいと思います。

介護職で幸せに仕事をするか、擦り切れるかを、大きく左右するのは『働く介護事業者選び』です。

『働く介護事業者選び』だけにはくれぐれもご注意されてください。